la kagu 神楽坂

写真 1

こんにちは。
店舗デザイン、内装工事の会社 スレッドデザインの大谷です。

今日は、神楽坂に去年10月にOPENした、「la Kagu」に行ってきました。

「la kagu」は、2014年10月に神楽坂駅から徒歩1分の場所に、元々は新潮社の“本の倉庫”を改修した、生活雑貨、家具、カフェなど「衣・食・住」の要素と、本(ブックスペース)やレクチャースペースなど「知」の要素を融合させたキュレーションストアのスケルトンやインフィルを活かしてリノベーションしたものだそうです。外観設計デザインを隈研吾氏が手がけており、元々の姿がどうだったのかを知りませんが、神楽坂A2出口を出ると目の前に広がるその建物は、都会の真ん中で無機質な建物の多い中に突如ウッドデッキがあらわれ、どこか安らぎを与えてくれます。
内部は、鉄骨の骨組みや書棚など、倉庫的な雰囲気を残しつつ、洗練された空間が広がります。

写真 2

写真 3

1階にウィメンズファッション、生活雑貨、カフェ、2階にメンズファッション、ブックスペース、家具、レクチャースペースがあり、セレクトアイテムが広々とした空間にバランスよく配置され、お洒落心をくすぐります。

サザビーリーグと新潮社のコラボに隈研吾氏が加わり、倉庫時代には思いもよらなかった空間が出来上がっていました。東京にも、生まれ変われば驚くスペースがまだまだ眠っているでしょうから、今後各地でこういった使われ方が増えていけばいいと思います。

機会がなくOPENから半年近くたってから訪れましたが、早く行っておけば良かったです。

まだの方は、ぜひ一度訪れてみてください。